top of page
1/8

FUTURE RACE PROJECT

FUTURE RACEは、PROTOTYPE Inc.が考える未来のモータースポーツ。スピードを競うだけでは無いモータースポーツがあるのでは無いだろうか?と言うコンセプトの元、未来のレースがどうなるかを想像し実現させるプロジェクト「FUTURE RACE」。EV バイクMRゴーグルドローン専用のサーキットを作成し、リアルとバーチャルをかけ合わせた新しいレースを作り出します。PROTOTYPE Inc.では、Sci-Fiのような世界の実験を繰り返し、リアライズを行っていきます。

future-race_main_back

FUTURE RACEで目指すこと

future-race_objective_1.png

リアルとバーチャルが一体となったサーキット

ライダーとオーディエンスが一体となって楽しめるテレビゲームの世界のような没入感を演出します。

future-race_objective_2.jpg

ライダーの相棒 EVバイク•MRゴーグル•ドローン

ドローンは常にライダーに伴走し、刻々と変化する情報をライダーが装着しているMRゴーグルに表示します。 

future-race_objective_3.jpg

みんなが一緒に楽しめるモータースポーツ

専用のマシン•サーキットによって、ジェンダーフリーで様々な技量でも楽しめるモータースポーツを目指します。

4つの構成要素

MRゴーグル

ライダーは走行時にMRゴーグルを使用。マップなどのコース情報や、マシンの稼働状況・バッテリー残量などをリアルタイムに表示。また、演出アイテムなど、走行しているコース上に置かれているようなバーチャルならではの演出も行い、テレビゲームの世界のような没入感を演出します。

EVバイク

室内でも走行できるEVバイクを使用。パンプトラックなど起伏が多いコースも⾛れるようオフロードタイプを仕様を想定しています。また、ポジションを調整しやすい構造にし、ライダー情報を入力すると自動でカスタマイズされ、子供から大人まで安全に楽しむことができるマシンを目指します。

ドローン

ドローンがあなたの走行を上から見守ります。ライダーの相棒として、先のコースや周りのライダーなど撮影して走行をサポートします。また、観客用のカメラとしても使用します。

サーキット

実際のコースとMRゴーグルでの表現を掛け合わせ、リアルとバーチャルが一体となったコースです。ジャンプ台やパンプトラックなど、速さを競うだけではないパフォーマンス要素も組み合わさったサーキットになっています。