1/1

Team Mirai

Team MIrai : 2018/06/10

prototype_sou_sumi_logo.png
prototype_2x_logo.png

世界でもっとも過酷といわれるロードレース、それがマン島TTレース。 イギリスの離島で行われる伝統のバイクレースはある意味で、最も古典的かつ原始的なモータースポーツの姿を今に伝えるイベント。市街地では家の軒先を数十センチの余裕し か無い状況でかすめて走り、それ以外でもひとつミスをすれば崖に激突するか、谷へ転落 するような難易度の非常に高いコースである。 ライダーたちは、一周、約61kmで250カ所のコーナーがある非常に狭いコースを平均時速約210kmで疾走する。 2018年のマン島TTレース「TTZEROクラス」に参戦したTEAM MIRAI「韋駄天X」EVレーサー。ライダーにはマン島TTのレジェンドライダー、イアン・ロッカー(Ian Lougher)がライディングを行った。「韋駄天X」はコンパクトで軽量、そして俊敏な2ストロークバイクのようなマシンを目指した韋駄天Xは、 世界でも類を見ないモーターとインバーターを水冷化を行い素晴らしい動力性能を兼ね備えていた。 レースリザルトは予選とも非常に良いタイムを残していたが、バッテリートラブルによりリタイヤとなったが、翌年2019年TEAM MIRAI「韋駄天X」EVレーサーは「TT Zeroクラス」3位表彰台に登った。日本勢が「TT Zeroクラス」の1位から3位までを占めた歴史的なレースとなった。 弊社はデータロガーの技術サポートとバッテリーメンテナンスサポート。レース運営サポートを行った。 *「TT Zeroクラス」は2009 年に開設された走行時に排気ガスを出さないゼロエミッションクラス。

PRODUCTION PROTOTYPE INC.